イチゴの匍匐茎(ほふくけい)を、ベッドと呼ばれる盛り上がった土壌の上で育てます。「マルチ・レイヤー」と呼ばれる特殊な機械を用い、ベッドを作ります。その機械で、イチゴの苗を植えるベッドをビニールで被せ、その内部には、灌漑用水を常に供給できる「ティー・テープ」と呼ばれるパイプを組み込みます。ビニールを被せることによって、イチゴに土が付くのを防ぐだけでなく、雑草や病気も防ぐことが出来ます。


開花してから熟したイチゴを収穫するまでに1ヶ月位かかります。イチゴの長所は、収穫シーズン中に摘み取っても、またすぐに開花させ、熟したイチゴがなるというところです。シーズン中は、イチゴの花、小さくてまだ青いイチゴ、大きく成長してはいるがまだ青いイチゴ、大きくて白いイチゴ、そしてついに熟したイチゴというように、様々な成長過程のイチゴを見ることが出来ます。



ベッドに苗を植えてから1ヶ月から2ヶ月の間は、多くの手入れが必要になります。春によく育成するように、冬の間は常に水をやり雑草を抜きます。雑草を根こそぎ取る為、軽く土を掘りますが、収穫時に歩きやすいように、溝を埋め、表面を平らにします。







一株から一週間に2、3回収穫します。イチゴは収穫後に熟す性質がないので、最も熟した時点で収穫します。イチゴを摘み取ったらすぐに、空調設備の整った大きな冷蔵施設へ運び、イチゴを保冷します。



サイト・ナヴィゲーション
トップページ(日本語版)
宿舎
イチゴ畑  1 - 3
イチゴ畑  4 - 7
出荷施設
冷蔵施設
輸送
最新ニュース

問合せ
電話番号  07-5445-9100
電話番号  07-5457-3464
(日本国内からは、
   +61-7-5445-9100)
   +61-7-5457-3464)
Outlook Express 利用者
メール送信フォーム
ウェブ利用者
ウェブ・メール・フォーム
住所  Lot 2 No.58 Rainforest Road, Chevallum, Sunshine Coast, Queensland 4555 Australia

Copyright

 © 2005 koogiedowns. All rights reserved.